読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ日和

不登校再発でモヤモヤした母の気持ちをブログで解消させていただきます


スポンサーリンク

2学期からの再登校に向けて夏休みにしたいこと

不登校のお子様をお持ちの親御さんは夏休みに入って、ほっとされたのではないでしょうか。子どもも学校へ行っていない罪悪感から一時解放され、表情が明るくなります。学校へ行ってないこと自体は変わらないのですが、他の子と変わらない状況になるだけで、心理的な負担はかなり減ります。

 でも、夏休みは40日ほどで終わってしまいます。1学期に学校へ行けなかったお子さんも2学期にはなんとか行ってほしいものです。2学期も休んでしまうと、3学期は余計に行きづらくなります。夏休みに気を抜くのもいいですが、夏休みの過ごし方によっては不登校の状況が大きく状況が変わってくるのではないでしょうか。

私がいつも購読させてもらっている、3000人以上の不登校を解決した日生学園理事長の青田進先生の「不登校解決ブログ」でも夏休みの過ごし方が書かれていました。

http://futokou.blog106.fc2.com/blog-entry-1909.html

それによると、夏休みの過ごし方としては:

 ・だらだらと過ごさないこと

 ・規則正しい生活リズムを作ること。そのためには、朝8時に家族そろって

  朝ごはんを食べるなどのルール決めをすること。家事を分担するのもよい。

 ・勉強については親はうるさく言わない方がいいが、できれば学校へ行って先生に

  教えてもらえるとよい

 ・家族で出かけるようにする(スーパーでもよい)

 

これまで気を張っていた分のんびりしたいところですが、心を解放しつつも、うちも夏休み中に再登校に向けての基礎作りをしようと思います。

まず、青田先生の教えに則って、

 ・規則正しい生活リズムのルールを作る

   我が家のルール:朝7時起床 夜22:30就寝

           朝ご飯に遅れた場合は自分で食器を洗う。

 

 ・家事を分担する

   我が家のお手伝い:新聞受けの新聞を取ってくる

    (この係なら簡単だし、朝、外の空気に触れることで少し気分がシャキッとす

     るのではないかと思いました)

 

 ・学校へ行って勉強を教えてもらう

   我が家の目標: 「スタディサプリ」で1日最低2コマは授業動画を見る。

     学校で先生に勉強を教えてもらうことは難しいので、1学期の分の授業を

     「スタディサプリ」で自習してもらうことにしました。(子どもも納得

      の上で)

     

 

blog.yorimichi-diary.com

     ( ↑結局、お試しがよかったのでしばらく続けてみることにしました。)

 

    有名塾の先生がポイントをうまく抑えて分かりやすく説明してくれ、1つの

    動画も10分程度なので、集中して見てくれます。後で理解したかをチェック

    するために、テキストを印刷し、授業で出た問題をもう一度解いてもらって

    います。

    授業に出れなかった分、これで後れを取り戻して2学期に臨んでもらいたい

    です。

   

    もうひとつの課題「学校へ行く→学校の教室や校舎に慣れる」は、

    夏休みに先生との面談があるので、その時に少し校舎を回ってみる、など

    させてもらって、学校の雰囲気に慣れてもらおうと思います。

 

 ・家族で出かける

    我が家の目標:初めての海水浴に行く

     去年も計画はしたのですが、関西への帰省ついでの琵琶湖湖水浴に変更

     されてしまいました。

     一昨年も予定していた日が雨で中止になってしまったので、今年こそは

     チャレンジしたいです。

     子どもが「海で泳ぐのは下に何がいるか分からないから怖い」と言ってい

     たので、一つ恐怖を克服させて大きくなってほしいです。

     新しいことにチャレンジするとそれだけで自己肯定感が上がる、と言われて

     います。自己肯定感を高めるためにも今までやったことのないこと、行った

     ことのないところに挑戦したいと思います。

 

その他付け加えたい課題

  ・健康度を上げる

    規則正しい生活リズムとストレス解放によって、自律神経も整ってきて

    体調はよくなるとは思いますが、暑い夏は体力が消耗します。

    ビタミンB1やミネラルをしっかりと摂って、しっかりとエネルギー補給した

    いものです。

 

  ・ゲーム時間・動画視聴時間を制限する

    ついだらだらとゲームをする時間が増えてしまいがちです。

    2時間ゲームをしたら外へ行って遊ぶ、家で何か運動をする、などのルールを

    作りたいものです。

    我が家ではルーターでインターネット接続の時間を制限しているので、

    (下記過去記事参照)

    勉強・宿題をすればその同じ時間分を接続OKにする、というルールにしま

    した。

     

 

blog.yorimichi-diary.com

 

  ・友達との交流を増やす

    うちは不登校中も友達とは遊んでいるのであまりこの点は心配ないのですが、

    不登校仲間のお母さんではすっかりお友達と疎遠になってしまって、同年代の

    お友達と遊んでいない、と言われる方もいらっしゃいます。同じ不登校同志

    助け合えればいいのですが、本人が望まない場合は、まだ、お友達に会う、

    というエネルギーが足りていないのかもしれないです。あくまで本人の意思

    を優先して、本人が自ら動き出したくなるようなエネルギーを充電させて

    あげられればいいですね。

 

   せっかくの長い休みですので、子どもがいい方向に動き出せるよう、

   親も協力して休みを有効利用できればいいですね。