読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶろぐ日和

不登校再発でモヤモヤした母の気持ちをブログで解消させていただきます


スポンサーリンク

スタディサプリ中学講座のお試しをしてみたら期待以上でした

「スタディサプリ 全教科・全科目月額980円」という広告が前から気になっていたので、調べてみると、無料トライアルもできるとのこと。早速無料お試しに申し込んでみました。

 

 

お試し期間は1週間だけ

 1か月くらい無料で試せるのかと思いましたが、甘かったです。1週間だけのお試しで、その時に既に支払い方法も「コンビニ払い」か「クレジットカード払い」かを選択しなければなりません。

 すぐにやってみたかったので私はクレジット払いを選択しました。1週間のお試し期間を過ぎると、自動的に振り込み処理が行われる為、お試しだけで止めるなら忘れずにキャンセルしないといけないません。

1週間しかないので、早めにちゃんとチェックしておかなければ、と思い、子どもにすぐに、「今日新しい通信教育頼んでみたからやってみて。モンスター育てられるんだって」と言うと、「モンスター?そうやってまた子どもを釣ろうと思って・・・」とブツブツ言いながらも、まんまとモンスターに釣られたようです。

「どんなモンスターなの?」とまずモンスターをチェックし始めました。最初のボーナスポイントでとりあえず、餌を買い、与えると、卵から幼体に変身しました。全部ポイントを使ったので、ポイントを増やすために、また一番簡単そうな問題を探して勉強ポイントを増やすと、また餌を買って成長させていました。

 男の子はこの手の育成系に弱いようです。

 

 

f:id:holiholikun:20160711121802p:plain

 

肝心の勉強内容はどうなのか

 科目の方は5科目全部あり、それぞれ授業+ドリルで構成されています。

 その授業の動画がすごくいいんです。

 有名塾の一流講師が担当していて、ポイントをしっかりと抑えた内容で説明してくれていて、分かりやすいです。正直、その辺の学校の先生よりもずっと分かりやすいです。これで月額980円なんて塾代のことを考えるとめちゃくちゃ安いと思います。

 ドリルの方は自動で〇付けも一瞬にしてやってくれますし、計算が必要な数学などの問題はプリントアウトして、計算を紙に書きながら問題を解くことができます。問題集を買う必要もなし。

 問題を間違えると、→「動画で詳しく見る」と横にリンクが貼ってあり、その問題に関連した動画をすぐに再生させて説明を聞くこともできます。

 学年をまたがって分からなくても大丈夫です。小学4年、5年、6年、中学1年、2年、3年、とすべての学年を閲覧することができます。

これで980円とは安い!

 

f:id:holiholikun:20160711120630p:plain

また、「まなレポ」というレポートが保護者のメールに届くようになっていて、勉強した翌日に<授業>受講時間 〇分 <ドリル>実施回数 〇回と、どのくらい勉強したのかが分かるので、勉強している姿を見ていなくても、子どもがどのくらい頑張ったかが分かります。

 

人生に役立つような動画や読み物もあり

その他に「未来授業」や「放課後コラム」というコーナーがあり、「未来授業」では「学校では教えてくれないお金の話」や「アプリを作ってみよう」などの将来役立つ話の動画を提供してくれていたり、「放課後コラム」では「東大卒業生が教える勉強のやり方」、「テストの珍回答」など、勉強の合間の息抜きに読めるようなコラムもあります。

 

 問題点は・・・

「サプモン」というモンスターを育てることを一番の楽しみにやっているうちの子のような場合、とりあえず動画を流しておいて、ポイントだけもらっておく、ということをやった場合、勉強の力はつかないので、その辺は塾に行った方がしっかり監視してもらえていいかと思います。(動画は再生すると、見てなくてもバーを動かして最後まで再生させたことにした場合ポイントになりますが、ドリルは正解しないとポイントにはならないようです。)

 また遊びの要素が「サプモン」だけなので、モンスターに飽きてしまった場合、勉強をしなくなる恐れがあります。

 

 問題点を差し引いても、月額980円というのはとても魅力的ですし、とてもいい内容だったので、うちは最初1週間のお試しで止める予定でしたが、1か月続けてみて、よかったら更に続けてみたいと思います。こちらで課題をこなせるようであれば、進研ゼミプラスの方は辞めるかもしれません。

 

 スタディサプリは毎月払い(月額980円)と年間払い(年間9800円)を選択できるので、年間払いの方がお得ですが、お試しで1か月からでもできるし、夏休みに塾の夏期講習などに行く代わりに利用してみてはどうでしょうか。