ぶろぐ日和

不登校再発でモヤモヤした母の気持ちをブログで解消させていただきます


スポンサーリンク

脳トレは親子で楽しく!今はまっている脳トレアプリ

現代人は前頭葉が弱っている、と前回の記事で書きましたが、弱った前頭葉を鍛えるのに個人的には運動が一番いいと思っていますが、なかなか体を動かすのは固い意志が必要なので、手軽にできる無料脳トレアプリを探しました。

今うちがはまっているのは次の2つです。

 

1.口先番長

 番長が次々に現れる強敵としりとりで戦っていく、というストーリー仕立てのアプリです。真剣な顔でしりとりをするヤンキーやスケバンの姿が面白く、長い単語を決めれたときの快感がたまりません。

「タイムフリーズ」や単語帳などのアイテムを上手に使うことによって有利に勝負できたり、としりとり遊びがここまで進化したか!って感じです。語彙も自然と増えていきますし、無意識に普段でも文字数の多い言葉を探していたりします。

以前、認知症の改善に、俳句や短歌を散歩中に考えながら歩くと脳の活性化によい、とTVでやっていましたが、このゲームは単語を考えるために必死で頭を使いますので、ボケ防止にも抜群です。

今では子どもとどっちが先に相手を倒すかで盛り上がっています。長く生きている分色々人物名や地名などを知っているので今は私が優勢ですが、アイテムの使い方などは

さすが子どもの方がよく研究して使いこなしています。

play.google.com

 

2.Brain Wars

  色々な脳トレゲームがあり、ランダムに出てくる3つのゲームでバトルを行います。

オンライン通信で世界の誰かや、フレンドになった相手とバトルをし、計算力、記憶力、観察力、判断力、正確性、スピードを鍛えることができます。

そろばんで鍛えた私は計算力では世界でも負けをとりません(自慢)が、スピードや記憶は年相応に衰えていますので(悲)これからバンバン鍛えたいと思います。

子どももこういったスピード勝負のゲームは大好きで、むきになって遊んでいます。遊んでいるうちにめきめきと脳神経が増えていってくれるように、とこちらは秘かに願っています(笑)。

対戦相手の国旗が出てくるので、国名も覚えられると思います。

play.google.com

 

 以上、大人もはまる脳トレアプリでした。