ぶろぐ日和

不登校再発でモヤモヤした母の気持ちをブログで解消させていただきます→おかげ様で現在学校に通えるようになりました。こでまでの想いや日々の発見などを綴ります。


スポンサーリンク

教科書が捨てられないけど捨てるべき?

私は元々物を取っておくたちで、紙袋とか箱とかも何かに使うかも...と溜まっていく方なのですが、先日友人にまだ教科書置いてるの?と驚かれてしまいました。その人は学年が終わるとすぐに捨ててしまうらしくて、逆に私の方がそんなに早く捨ててしまっていいの?とびっくりしました。

もう見ることないもん、と言われましたが、私は「あ、確かこれ教科書に載ってたなぁ」って見返すこともあるかもしれないし、特にうちの子の教科書はあまり使っておらず、理解も出来てないと思うと、なかなか捨てる気になれません。

一度私自身が小学生の時に図工の本を失くしてしまって困ったこともあって、まだうちには子どもが小1の時からの教科書までずっと置いてあります。

実際、うちの子どもは教科書を失くしてしまったことはないのですが、中1でもらうはずの国語の便覧をもらっていなくて、転校先で中3の2学期になってからもらってないことが判明し、かといってあと少しで終わるので、もうそのままで、使う時だけ先生に借りていた、という不便なことがありました。

また、教科書には名前が書いてあるから気軽に資源ごみなどで捨てづらい、という面もあります。

さすがに、中学を卒業したので小学校のは捨てていいかな、と思うので、処分方法を検討してみました。

 

f:id:holiholikun:20191009213414j:plain

 

処分方法

 

1.捨てる

 名前の部分は黒いマーカーで消してから燃えるゴミまたは地域の資源ごみのルールに則って捨てる。多少の手間はかかりますが、確かに小学校の教科書を見直したい、と思ったことはないので、捨ててしまってもいいでしょう。

 

2.売る

 私のように教科書を失くして困っている人のために、メルカリなどで売る、という手もあります。実際メルカリでは小学校の教科書が300円~600円、中学校の教科書が700円~800円で販売されていて、買い手がついているものもありました。地図などはもう少し高いようです。

中古品でなくても、失くした場合は教科書取り扱い専門店から取り寄せができるようです。無償で支給されるのは、転校先で使用する教科書が今までのものと違った場合のみ、だそうなので、学校の先生に相談して、余っていればもらえるかもしれませんが、基本は個人の過失で失くした場合は購入することになります。

www.text-kyoukyuu.or.jp

実際、教科書の定価を見ると安価で販売されているので、失くした場合は急ぎでなければ専門店で購入した方がよさそうです。

なかにはebayで海外向けに売ってる人もいました。ebayのシステムをよく知らないのでどのくらい儲かるのか分かりませんが、日本で中古品の需要があまりなさそうなので、海外で日本語または日本文化を勉強している人向けに売る、というのも手かと思います

www.ebay.com

3.保存する

ここまで来てまだ保存するのかいっ、って話ですが、やはり教科書は子ども向けに分かりやすく書かれたすぐれものの参考書です。日常生活で参考になりそうな、家庭科、技術、地図や音楽の歌集、美術資料集などは残しておいてもいいかもしれません。

それから英語や数学など、積み上げ式の教科は見直したい時が出て来るかもしれませんのでとっておいてもいいかと思います。

結論

教科書処分考察の結果、私が決めたプチ断捨離ルールは:

小学校の教科書 

捨てる( 国語、算数、理科、社会 )

取っておく(音楽、図工、体育、地図)

中学校の教科書

捨てる(国語、理科、社会)

取っておく(英語、数学、音楽、美術、保体、家庭科/技術)

です。

綺麗ですっきりした部屋には憧れますが、性格上いさぎよい捨て方がなかなかできず...どうしても置き場に困ったときにまた捨てようかと思います。なお、教科書の改訂は4年に1度のようですので、メルカリで売りたい方は早めに売られるとよいかと思います。

ビジョントレーニングで前頭前野を鍛えよう

ビジョントレーニングっていう言葉を聞いて、ずっと視力を鍛えるものだと思っていました。私はずっと目が良かったので、その分野はあまり興味はなかったのですが、最近老眼が一気に進んできて不便なので、何とか回復させる方法はないかと思って調べ始めたところ、実はビジョントレーニングとは視力ではなく、視覚を鍛えるものだということを知ったのです。

f:id:holiholikun:20190925225557j:plain

 

ビジョントレーニングとは

 眼は映像を受け取って、その情報を脳に伝えています。脳がその受け取った情報を認知する力が視覚(ビジョン)です。視力がよくても眼の機能を上手く使えているとは限りません。視機能が上手く使えているかどうかをオプトメトリストと呼ばれる専門家が診断して、眼の働きを上手くいくように改善していくトレーニングがビジョントレーニングです。

アメリカ第36代大統領のジョンソン氏(任期 1963年~1969年)の次女のルシーさんは知能指数も低くはなかったのですが、なかなか成績が上がりませんでした。視力もよかったので気づかれませんでしたが、見たものの意味を理解する視覚に問題があることが分かりました。その後ビジョントレーニングを続けたところ成績がぐんぐん上がっていったそうです。

学習障害と言われる子たちには眼の働きに問題があることがよくあり、ビジョンを改善することによって学習能力の向上が見られるようになった例も多くあります。

近年このような両眼のはたらきに問題がある子たちが増えてきているそうです。

 

なぜ視覚に問題のある眼が増えてきたのか

考えられる原因としてまず思い浮かぶのはスマホを見る時間、ゲームをする時間が増えていることです。

あとは現代社会のストレスや緊張が自律神経に影響し、ピントを合わせる機能をする毛様体筋は自律神経に支配をうけるので、毛様体筋も柔らかさを失って、なめらかに作動しなくなったりするのも原因になると考えられます。

脳トレで有名な川島隆太教授が平成25年に仙台市2万2390名の中学生に行った調査ではスマホを使う時間が長いほど成績が低くなる、という結果が出ています。スマホを見て勉強する時間がなくなったからではなく、2時間以上勉強したとしも、ほとんど勉強せず、スマホも使わない、という生徒よりも成績が悪く、スマホを3時間以上使う子は勉強の効果が消えてしまう、というのです。

 

前頭前野と視覚の関係

眼球運動は前頭前野と関係があって、サルの前頭前野を電気刺激すると、視覚関連領野の活動が促進されます。

前頭前野は運動によっても発達します。最近キレル子どもが増えているのは体を動かさずに遊ぶ子供が増えて、感情や衝動を抑制する機能を持つ前頭前野が十分に発達しなかったのではないかと言われています。

 

視覚の機能とトレーニング方法

眼が持つ視機能というのは基本次の3つです。

①眼球の運動コントロール(見たいものを追いかける)

②両眼のチームワーク(立体的にものをとらえる)

③焦点合わせ機能(見るものを背景から際立たせる)

この機能に問題があると、本を読んでいるときに文字や行を飛ばしたり、読解力も低く、本を読むのが嫌いになったり、文章問題や図形問題が苦手だったり、球技が苦手だったりします。その結果勉強嫌いや集中力のなさにもつながります。

ビジョントレーニングによって視機能を改善し、脳の機能も発達させ、これらの苦手が克服されることが期待できます。

では実際のトレーニング方法とはどんなものなのでしょうか。

私が今回参考にさせてもらったのは「勉強嫌い、集中力のなさは『眼』が原因だった」

(著者 :内藤貴雄)という本なのですが、

 

勉強嫌い、集中力のなさは「眼」が原因だった―アメリカで開発された脳力活性プログラム

勉強嫌い、集中力のなさは「眼」が原因だった―アメリカで開発された脳力活性プログラム

 

 

この本のトレーニングでは

①眼の運動能力を高めるトレーニング

②目と体の動きの統合を高めるトレーニング

③目と手の協調性を高めるトレーニング

④イメージ力を高めるトレーニング

のやり方が載っていました。②~④は→、←、↑、↓などの矢印を見ながらその反対向きに手を上げる等、眼というよりも脳の判断力を鍛えるボケ防止にもなりそうなトレーニングでした。

 

他にもビジョントレーニングについて書かれた書籍は沢山あり、学習障害改善、子供の集中力アップの面からも期待が高まります。

 

 

 

最近は療育機関や放課後教室、学校の朝の会などで、ビジョントレーニングを取り入れるところも多いようです。

おわりに

ビジョントレーニングは続けないと効果が出ず、親子でトレーニングの時間を設けて続けていくのは子どもが退屈するので、幼稚園や学校などでなるべくゲーム性を取り入れてやってもらえればいいなと思いました。

昔は外で体を動かして遊ぶことで、自然とビジョントレーニングができていたのだと思います。例えばお手玉やけん玉などは眼球運動、眼と体・手の動きの協調性も要求される高度な遊びなので、遊んでいるうちに統合感覚が身につきます。

うちは小学1年から小さい画面を見て遊ぶゲームを与えてしまったのは失敗だった、と後悔しています。責任をとってゲームメーカーさんも今後はビジョントレーニングになるような体を動かして遊べるものを作っていただきたいです。

 

おまけ

と、思ったらナムコさんから「トンデミ」っていう遊び場が出来ているんですね。

bandainamco-am.co.jp

少し料金が高いかなとは思いますが、とっても楽しそうです。地方のショッピングモールのゲーセンもこちらに変えていってほしいです。

ストレスとの付き合い方に関するいいお話を聞いたのでシェアしたいと思います

コップの水が半分入っているのを見て「もう半分になってしまった」と思うか「まだ半分ある」と思うかという話はよく聞く話だと思いますが、水の入っているコップを持ち上げる、という話は聞いたことがあるでしょうか。

先日ご紹介したVoiceTubeという英語学習アプリのを見ていて出てきた話です。

ある心理学者が講和でコップに入っている水の重さを聴衆者に尋ねたところ、色んな重さの回答が返ってきました。心理学者は、「実は水の重さはそれほど問題ではありません、少しの間持ち上げているのであれば、重さはさほど気になりませんが、ずーっと長い間持ち上げていると手がしびれてきて苦痛になります。ストレスも一緒で、少しの時間なら問題ありませんが、長時間抱えているとだんだん体までむしばまれてきます。コップの水を持ち続けているのは、重さよりも持ち続けている時間が問題なのです。」というお話です。

 


A Glass Of Water (Animated Story Time)

 ( ↑ 調べたら Improvement Pillという方が出しているYouTube動画にもありました)

これを聞いてなるほど、と思いました。

軽いリュックを背負っていても、何時間も持っていると、何を入れたのかと思うほど肩が凝ってきます。

大勢の前でスピーチをするなどの重いプレッシャーも、終わってしまえばひきずることはありません。でも毎日顔を合わせる嫌味な上司、一人で背負う介護など、何日も続くと精神的に弱ってきます。

環境を変えることができればいいのですが、そうでなければ、少なくともプレッシャーの原因となっていることを必要な時間以外は考えないようにしない方が自分の体の為です。

不安なことを考えている時間を減らすにはどうすればいいか

例えば、子どもが今日も学校行きたくなくて、朝起きてこないとします。そういう状況が続いているのであれば、今日明日で解決できる問題ではありません。そのことについてクヨクヨ悩んでも、それは子どもが動かないとどうしようもないこと。コントロールはできませんので、気に留めず、その場で解決できること(学校に電話で欠席を連絡する、保護者の返事が要るようなプリントがあれば学校まで持って行く、など)だけを解決したら後は頭の中から「学校に行ってない」という問題は追い出してしまいましょう。

悩み事や不安が漠然としたものであれば、何が不安なのかを紙に書きだして、例えば、このままでは行く高校がなくなるのではないか、という不安を抱えているのであれば、実際に、どのくらいの欠席や成績でアウトになるのか、すでにアウトなのであれば、内申点がなくても進学できる学校はないかなど、具体的に調べて行動すれば、次に何をすればいいのかが分かって来るし、そうすれば、漠然とした不安は消えて、いつまでも考える必要はありません。紙に書くことで頭の中も整理されてすっきりしますし、あとは忘れて、必要な時は紙を見返して思い出せばいいのです。

なぜストレスが長期化すると問題なのか

ストレスがかかると副腎からコルチゾールというホルモンが分泌され、心拍数が上がったり、血圧が上がったり、交感神経が優位な状態(緊張)が続いて、内臓の働きが弱くなり食欲が低下したりします。

またその状態が続くと、感情や衝動を抑える前頭前野の働きが弱まり、集中力がなくなったり、記憶が弱くなったり、意思決定や判断する力も弱まります。

慢性的なストレスにさらされると、前頭前野の樹状突起(神経細胞から枝状に伸びて信号を受け取る突起)が委縮し、以後のストレスに対してさらに弱くなります。ストレスを軽減して、前頭前野の回路を回復させてあげなければならないのです。

 

ストレスを手放すにはどうすればいいか

ストレスを頭の中から追いやるには

  • 自分が不安なことを考えていることに気づく
  • 問題を紙に書きだして、できることは行動する
  • あとは考えてもなるようにしかならない、と割り切る
  • 軽い運動や趣味のものなどリフレッシュできるような活動をする

 などが挙げられますが、頭の中を堂々とめぐる不安スパイラルに陥らないように、「あ、また不安なことを考えてる、コップの水を持ち上げている」いうことに気づいて、コップを下ろすようにしましょう。

おわりに

生きていれば大小の差はあれ、ストレスはつきものです。大切な時間をストレスになるような事を考えるのに費やすのはもったいないし、体にもよくありません。

解決できないことで思い悩むよりも、悩みは紙に書いて頭を整理させて、さっぱり忘れてしまいましょう。